マイクロニクス


チャネル電力測定を利用したC/N比測定

◇ ハンディスペアナで、C/N比を簡単に測定。デジタル放送などの安定受信の判断を簡単に。

[アプリケーション]

デジタル放送などのデジタル変調通信では、搬送波電力対雑音比(C/N比)が安定受信が出来るかどうかの指標として重要になります。C/N比の悪化は、ビット誤り率(BER)の急激な悪化を引き起こし、送信されたデータを正しく再生する事が出来なくなる為です。弊社ハンディ型スペクトラムアナライザ MSA438では、このC/N比を"チャネル電力測定"機能を使って測定する事が出来ます。

[ソリューション]

C/N比の求め方

[システム構成・価格]

3.3GHzスペアナ [MSA438] ¥48,000
専用バッテリ [MB400] ¥21,600
合計価格(税抜き) ¥469,600~

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※表示価格は全て税抜きです。※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

[製品紹介]

2010/10

このアプリケーション事例をPDFで見る
問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード