マイクロニクス

ETC・DSRCでの電界強度の単位dBmeirpについて

ETC/DSRCテスタ(ME9100、ME9115CN)により、自動車用熱線反射ガラスの電波透過測定を簡単に行えます。

[アプリケーション]

ETC・DSRCシステムでは、狭域通信(DSRC)システムの標準規格 ARIB STD-75に記載されているように電界強度の単位はdBmeirpという単位で規定されています。よって、弊社製品のDSRC 通信ユニットME9115やETC/ITSスポット電界強度測定システムME9200では、電界強度の単位はdBmeirpを使用しています。

また、一般的な電界強度の単位としては、V/m、μV/m(dB表示の場合、dBV/m、dBμV/m)が使用されます。

これらの単位の関係について説明します。

その関係を説明する前段階として、これらの単位と電界強度測定に使用するアンテナのゲイン(絶対利得)、 アンテナファクタの関係について、まず、説明します。

dBmeirpのeirpは等価等方輻射電力を意味し、dBmeirpは受信アンテナとして、ゲインが0dBiのアンテナを使用した場合の出力電力dBmとなります。

式としましては

電界強度(dBmeirp)=出力電力(dBm)-ゲイン(dBi) ・・・(1)

の関係があり、ゲインが大きくなると出力電力も大きくなります。
よって、例えば、ゲインが2dBiの受信アンテナをスペアナに接続し、-38dBmと測定された場合、 受信アンテナ表面での電界強度は-40dBmeirpとなります。
(受信アンテナとスペアナ間のケーブルロス等は簡略化のため、ないものとしています。)

一方、dBμV/mも上記と同等な表現をした場合、受信アンテナとして、アンテナファクタが0dB/mの アンテナを使用した場合の出力電圧dBμVとなります。

式としましては

電界強度(dBμV/m)=出力電圧(dBμV)+アンテナファクタ(dB/m) ・・・(2)

の関係があり、アンテナファクタが大きくなると出力電圧は小さくなります。
よって、例えば、アンテナファクタが44dB/mの受信アンテナをスペアナに接続し、68.5dBμVと測定された場合、受信アンテナ表面での電界強度は112.5dBμV/mとなります。
(受信アンテナとスペアナ間のケーブルロス等は簡略化のため、ないものとしています。

インピーダンス50Ωで測定が行われた場合、

出力電圧(dBμV)=出力電力(dBm)+107(dB) ・・・(3)

の関係があります。

また、インピーダンス50Ω、電波の周波数が5.81GHzの場合、

アンテナファクタ(dB/m)=45.5(dB/m)-ゲイン(dBi) ・・・(4)

の関係があります。

(1), (2), (3), (4)式より、

電界強度(dBμV/m)=電界強度(dBmeirp)+152.5(dB/m) (5.81Gのとき)
(=出力電力(dBm)+107(dB)+45.5(dB/m)-ゲイン(dBi))

の関係が得られます。

[システム構成・価格]

DSRC 通信ユニットME9115C (電界強度) ×1 ¥270,000
または
ETC/ITSスポット電界強度測定システムME9200 ×1 お問い合わせください

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。

[製品紹介]

2016/8

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード