マイクロニクス

Wi-Fi評価ソリューション

Wi-Fi(2.4GHz帯及び5GHz帯)製品の様々な特性評価試験を行う

[アプリケーション]

Wi-Fi(2.4GHz帯及び5GHz帯)製品の様々な特性評価試験を行う為のシステムです。

[ソリューション]

以下に、5.8GHz帯送信アンテナ端の電力を示します。

1.ハンドオーバ特性評価

図-ハンドオーバー特性評価

【目的】受信信号レベルとハンドオーバ発生ポイントとの関係

  • EUTとAP①を通信状態にする。
  • AP①に接続されているプログラマブルアッテネータ(以下 P-ATT)①の減衰量を徐々に増加させていき、 逆にAP②に接続されているP-ATT②の減衰量を徐々に減少させていき、ハンドオーバ(接続先の切換)が発生した時点での其々のP-ATTの減衰量を記録する。
    同時に、信号ソースのレベルはスペクトラムアナライザで計測できる。

2.フォールバック特性評価

図-フォールバック特性評価

【目的】 受信信号レベルと実効スループットの切換ポイントとの関係

  • EUTとAPを通信状態にする。
  • P-ATTの減衰量を徐々に増加させていき、通信の実効スループットを記録する。
  • 同時に、信号ソースのレベルはスペクトラムアナライザで計測できる。

3.信特性評価

※システム構成は「2.フォールバック特性評価」と同じ

副次的に発射する電波等の強度

EUTから周波数拡散した変調信号を送出し、スペクトラムアナライザを掃引させピーク電力の計測を行う。

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

[製品紹介]

2009/3

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード