マイクロニクス

ETC/ITSスポット 電界強度測定システム

◇ ETC/ITSスポット用路側機の設置工事・保守で電界強度測定を短時間で正確に測定します。
  システムには台車タイプと車載タイプがあり、測定後直ちに電界強度グラフやマップ図を作成します。
  自動測定モードで事前に複数測定区間の路側機条件を登録、走行中は操作することなく測定できます。

[アプリケーション]

高速道路でETC路側機やITSスポット路側機を新設する際、通信エリア内の電界強度分布を詳細に正確に測定する事が要求されます。 5年に1度は定期点検もありレーンを長い時間閉鎖できないので短時間で測定する事が必要です。

本システムの台車対応での測定が最適であり、標準仕様(アンテナ数9個)では3.2m幅のレーンを2回で測定できます。
また、本線上に設置されているお知らせアンテナ・フリースローアンテナやITSスポットから送信される電波の電界強度分布を、CW波で測定する事はお客様サービス上非常に困難であり、運用波のまま通常走行(100km/h以下)しながら測定する事が要求されます。

[ソリューション]

■台車での電界強度測定
台車での電界強度測定をETCゲートに設置されている路側機の電界強度分布を、CW波および運用波にて詳細に短時間で測定します。

図-台車での電界強度

■車載での電界強度測定
ETC料金所・お知らせアンテナ・フリースローで、路側機(運用波)の電界強度分布を通常速度で走行しながら測定します。
また、オプションでITSスポットに設置されている路側機(運用波)の電界強度分布を測定することができます。

図-車載での電界強度測定

[システム構成・価格]

※表示価格は全て税抜きです。

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

※リース、レンタルプランも御用意しております。別途ご相談下さい。

[製品紹介]

2011/9

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード