マイクロニクス

MR2300 ユーザー事例紹介1 日本金銭機械株式会社様

◇ MR2300 EMI試験システムは様々な製品にお使いいただいています。

[お客様紹介]

[インタビュー]

Z社 品質保証担当者様との一問一答

Q1) MR2300 EMI試験システムを選定した理由を教えてください。
弊社のEMI測定サイトが大阪にあり、今まではEMI評価を行う場合東京から大阪に出張していました。大阪にしか測定サイトがないので、評価、対策を行うと出張費がかさみます。そこで東京である程度測定することが出来れば大阪での滞在時間が短くでき、経費削減になると考え購入を決めました。

Q2) EMI試験システムをどのような製品でお使いですか?
紙幣識別機(UBAシリーズ、iVIZION、iPROシリーズ、TBVシリーズ)です。

Q3) EMI試験システムをご使用の目的を教えてください。(製品開発、製品検査、品質管理など
開発部署での評価に使用しています。(製品開発)

Q4) ご使用の感想をお聞かせください。
本社のEMI測定サイトでの測定値とは差はあるものの、対策の前後の比較、どの周波数にピークがあるかがわかるのでとても重宝しています。

Q5) 測定の際工夫されていることはありますか?
本社のEMI測定サイトの結果に近づけるため、合格基準を調整して対応しています。

図-MR2300 EMI試験システム

MR2300 EMI試験システム

[システム構成・価格]

MR2300 EMI試験システム  
 電波暗箱 MY5310タイプ ¥4,474,000
 電波暗箱 MY5310Sタイプ ¥4,724,000
 電波暗箱 MY5410タイプ ¥8,724,000

※運送・搬入・設置費用は別途かかります。

※表示価格は全て税抜きです。

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。 ※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。

[製品紹介]

2012/3

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード