マイクロニクス

ハンディ型シグナルアナライザによるドローンの電波計測

MSA500シリーズシグナルアナライザの解析機能を活用し、ドローンを遠隔操作する電波を計測する

[アプリケーション]

小型化や高機能化、低価格化に伴い、ドローンは様々な分野で活躍の場を広げており、今後もドローン市場の規模は拡大していくことが予想されています。その上、ドローンの遠隔操作には2.4GHz帯が多く利用されているため、他の通信機器との混信や電波妨害等の確認が必要となる機会も高まっています。また、ドローンを屋外で操作することも多いため、電波計測の際は測定器を気軽に持ち運びできた方が好都合です。

当社のMSA500シリーズは小型かつ軽量で、リアルタイム方式プラス掃引方式を兼ね備えたハンディ型シグナルアナライザです。掃引方式により広い周波数レンジを一挙に計測でき、そこから目的とする周波数帯にリアルタイム方式を用いることで、より高精度な計測が可能です。リアルタイム方式はスペクトログラム解析やタイムドメイン解析、強力なトリガ機能など解析機能も充実しているため、ドローンの電波可視化に適しています。

[ソリューション]

図:解析

[システム構成・価格]

ハンディ型シグナルアナライザ(MSA538) ¥748,000
リチウムイオン電池(MB400) ¥21,600
2.4GHz帯アンテナ(M404) ¥18,000
¥787,600

※上記参考価格は全て税抜き表示です。

■ハンディ型シグナルアナライザMSA538

※5GHz帯測定の場合は、MSA558もございます。

■ハンディ型シグナルアナライザMSA558

[製品紹介]

2017/9

このアプリケーション事例をPDFで見る
問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら