マイクロニクス

DSRC路側システムによる渋滞調査への応用例

ETC車載器を利用した渋滞調査をDSRC路側システムME9300で構築する方法

[アプリケーション]

DSRC路側システムME9300は、高速道路で使われているETCを利用したシステムです。車両に搭載されたETC車載器と通信を行い、WCN(WirelessCall Number)と呼ばれる車載器固有のIDを取得します。このWCNを活用することで、例えばある路線の2点間の渋滞調査へ応用できます。

ME9301(DSRCアンテナ)が取得したWCNは、ME9303(専用I/Fケーブル)を介してME9302(インタフェースボックス)へ送信されます。ME9302はイーサネットポートを備えているため、LAN、WAN等の回線を経由し、取得したWCNを外部のPC等に転送することが可能です。また、外部PCからME9300システムに対し、WCNの取得開始、終了を制御することができます。

ここでは、渋滞調査システムをME9300で構築する方法を示します。

図:渋滞調査システム

[ソリューション]

システム構成

WCNの取得を行う2地点(A地点およびB地点)では、支柱等にME9301(防水仕様)を設置し、風雨を避けられる場所にME9302(非防水仕様)を設置します。ME9301とME9302は専用I/FケーブルME9303で接続します。ME9302からPCまでの間はLAN(イーサネット)で接続しますが、必要に応じてWAN(固定回線やLTEのような無線回線等)を経由します。ME9301は指定されたIPアドレスへWCNを送信するので、送信先としてPCのIPアドレスを設定します。

WCNの取得開始と終了

ME9300システムは、PCからUDP/IPパケットを用いてコマンドを送信することにより制御します。またME9301が取得したWCNは同様にUDP/IPパケットとしてPCに送信されます。WCN取得開始はPCから"START"コマンドを発行します。この後、ME9301はWCNを取得する度にPCに対してWCNを送信します。WCNの取得を終了するには、PCから"STOP"コマンドを発行します。

WCNによる渋滞状況の把握

A地点およびB地点のME9300システムは、通過した車両のWCNを即時にPCに送信します。PCではWCNを受信したタイミングで時刻情報とともにWCNをDBに記録しておきます。A地点で記録された車両のWCNがB地点で再度取得できた場合、その取得時刻を比較することによって、2地点間を通過するのにかかった時間が得られます。この時間を元に、A地点、B地点間の渋滞状況を把握することができます。また、どの時間帯が渋滞しやすいか、といった情報も得る事が出来ます。これを発展させ、交差点を含めた区間で3点以上のME9300システムを設置することにより、どの経路からの流入が多いか、などの情報を得る事も可能となります。

[システム構成・価格]

DSRCアンテナ ME9301
インタフェースボックス ME9302
専用I/Fケーブル (15m)ME9303
システム価格 ¥387,600~

[製品紹介]

2019/01

このアプリケーション事例をPDFで見る
問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら