マイクロニクス

ZigBeeモジュールの電波法及びIEEE簡易試験

シグナル・リアルタイムスペクトラムアナライザを活用した、電波法及びIEEEの簡易試験を行うシステムです

[アプリケーション]

シグナル・リアルタイムスペクトラムアナライザ(MSA500シリーズ)と電波暗箱を組み合わせて、アンテナ一体型設備の技術基準適合試験(技適)およびIEEE試験等のRF送信特性試験の簡易測定を行うことができます。
用途や仕様を限定的にすることで、安価にシステムアップが可能です。

ZigBeeの物理層試験は、技術基準適合証明(技適)とIEEE802.15.

[ソリューション]

技適の試験内容(参考)

  1. 周波数の偏差
  2. 占有周波数帯幅および拡散帯域幅
  3. スプリアス発射または不要発射の強度
  4. 空中線電力の偏差
  5. 副次的に発する電波などの限度
  6. 信空中線の主輻射の角度幅
  7. 信防止機能

EEEの試験内容(参考)

  1. スペクトラムマスク試験
  2. EVM(エラーベクトル)
  3. 搬送波の周波数エラー
  4. スプリアス発射および不要発射の強度
  5. 空中線電力の偏差

注意※ MSA500シリーズには変調解析機能は搭載されておりません。

接続例

図-接続例

Ch15(2480MHz)の参考例

写真-h15(2480MHz)の参考例1 写真-h15(2480MHz)の参考例2

"スプリアス発射または不要発射の強度"と"副次的に発する電波などの限度"については、12.5GHz以 上のスペアナが必要になるが、3倍波(7.4GHz)までの限定的な使い方としては活用できる。
MSA558の測定周波数範囲:20kHz~8.5GHz

写真-h15(2480MHz)の参考例3

変調解析機能は非搭載な為、"EVM"及び"搬送波周 波数エラー"は測定できないが、Offset-QPSK変調の 生のコンスタレーション波形を観測することは出来る。

写真-h15(2480MHz)の参考例4

電波法の測定で必要な"占有周波数帯幅"の測定波形例。

写真-h15(2480MHz)の参考例5

電波法の測定で必要な"拡散帯域幅"の測定波形例。

[システム構成・価格]

シグナル・リアルタイムスペアナ MSA558  
電波暗箱 一式 / MY1530+IFモジュール  
その他、アンテナ、ケーブル及びアダプタ類  
参考価格 ¥2,209,000

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※価格は全て税抜きです。

[製品紹介]

2013/8

このアプリケーション事例をPDFで見る
問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら