マイクロニクス

電波暗箱シールド性能比較

◇ MY1510と他社製(海外)電波暗箱とのシールド性能の比較データです。

[概要 ~*Outline*~]

電波暗箱には機器を接続するためのインターフェース(AC電源、LAN、USB端子など)の機能は不可欠です。
電波暗箱を選ぶとき、その性能の一つにシールド性能がありますが、このシールド性能を比較する場合、果たしてインターフェース まで含めた性能であるかどうかは重要なポイントです。
実はインターフェース部の性能が電波暗箱のシールド性能を決めると言っても過言ではありません。
本アプリケーションノートではMY1510(+IFM-1)と海外他社製品とのシールド性能を比較しました。
マイクロニクス社の電波暗箱はインターフェースを実装しても安定したシールド性能を実現しています。

[データ ~*Data*~]

(同一アンテナ間のオープンスペースでの電界強度と電波暗箱を介した時の電界強度の差分をシールド性能としています。)

[システム構成・価格]

電波暗箱 [MY1510] ×1 ¥198,000
インターフェースモジュール [IFM-1]
【AC電源(1)+D-sub 9pin(1)+LAN(1)+USB(1)】
×1 ¥ 99,000
合計価格(税抜き) ¥297,000 ~

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※表示価格は全て税抜きです。※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

[製品紹介]

2012/8

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード