マイクロニクス

電波障害測定ソリューション

◇ ハンディスペアナを使って、地デジの電障地帯の測定やワイヤレス機器の混信対策を行えます。

[アプリケーション]

電波が来る方向(アンテナの向き)に大きな建造物が建った場合、建物の陰になる部分は電波が遮られて、信号レベル不足によるベリノイズ障害(ドロップノイズ)が発生します。
大規模マンションやオフィスビルなど、建造物が大きい場合は、障害範囲が大きくなるのが一般的です。
他にも、ワイヤレス機器(マイク・リピータ)などを同一または隣接する環境において多数使用した場合に、チャンネル間の混信により正常に音声が受信出来なくなったり、ノイズ(雑音)が発生したりします。

当社のハンディスペアナは非常に安価でありながら、地デジ(440MHz~770MHz)やワイヤレス機器(600MHz~820MHz)の周波数帯域をはじめ、50kHz~8.5GHzまで広範囲に亘って周辺の電波状況を測定できます。
さらに、小型・軽量・バッテリ駆動も可能ですので、屋内外での使用に最適です。

[ソリューション]

①地上デジタル(テレビ)電波障害について ②ワイヤレス機器の混信対策について

[システム構成・価格]

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※表示価格は全て税抜きです。※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

[製品紹介]

2009/11

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード