マイクロニクス


RFマトリクススイッチボックス(MM6000)導入メリット

◇ 無線通信機器の相互接続性試験(IOT)ならびにRF信号接続切替の自動化に好適なシステムです

[アプリケーション]

さまざまなモノがインターネットに繋がるIoT(Internet Of Things)が急速に拡大するなか、通信インフラで重要な役割を担うセルラー機器には、これまで以上の信頼性が求められています。
一般的にeNB(基地局)-UE(端末)間の伝搬路疑似やハンドオーバー試験は、各機器(機種)・通信経路毎に全ての組み合わせを評価することが肝要ですが、eNB及びUEはメーカー・ラインアップも多種多様で、全ての組み合わせを評価するには、膨大な時間と手間を必要とします。
RFマトリクススイッチボックス(MM6000シリーズ)は、高速デジタルアッテネータとRFマトリクススイッチを主構成とし、伝搬路疑似やハンドオーバー試験、RF信号接続切替などのバリエーション試験(相互接続性試験)の自動化に好適な製品といえます。

[ソリューション]

■構成図
構成図
■主な導入メリット
  • 試験の自動化により、昼夜連続試験を無人化(省力化)できコスト削減に繋がります。
  • 手作業によるRF接続切替から開放され、誤接続や繋ぎ変えによる作業時間を大幅に削減できます。
■24×8マトリックスのイメージ
24×8マトリックスのイメージ
  • LAN内の複数のPCから同一ユニットの制御が可能
  • 入出力経路をマトリクスに切替可能
  • CLIにより、他システムとのスクリプト化が可能
■標準仕様
Scroll
MM6824 MM6816
周波数帯域 700MHz~4GHz
VSWR 2.0以下
最大入力レベル(基地局側) 1W(+30dBm)
最大入力レベル(端末側) 200mW(+23dBm)
挿入損失 20dB(代表値)
アイソレーション

80dB以上(スイッチ)

17dB以上(スプリッタ)

入出力ポート数(基地局側) 24 16
入出力ポート数(端末側) 8
入出力組み合わせ 1対1
RFコネクタ SMA(J)
インピーダンス 50Ω
スイッチ リレー式
アッテネータ 電子式(デジタル)
アッテネータ減衰量 0~95.5dB(0.5dBステップ)
インタフェース LAN
寸法

482.6(W)×443.7(H)×550.0(D)mm(突起物等除く)

10U:19インチシステムラックマウントに収容可

重量 約50kg 約45kg
電源 AC100V(50/60Hz)

※上記と異なる仕様への対応ならびに製品の詳細については、弊社営業担当までお気軽にご相談ください。

[製品紹介]

2018/10

このアプリケーション事例をPDFで見る
問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら