マイクロニクス

基準レベルオフセット機能による簡易電界強度測定

アンテナファクタをスペクトラムアナライザ / シグナルアナライザ MSAシリーズの基準レベルオフセット機能で換算することで電界強度を直読できます。

[アプリケーション]

スペクトラムアナライザ / シグナルアナライザ にアンテナを接続して電界強度を測定する場合、デシベル(dB)での表記では、電界強度は測定した電圧に単純にアンテナファクタを足すことで換算できます。MSA500または400シリーズでの基準レベルオフセット機能を使用した電界強度測定方法を紹介します(入力インピーダンス50Ωでの測定)。

[ソリューション]

MSAシリーズの基準レベルオフセット機能を使用します。※表記はMSA500シリーズ

  1. 【 REFER 】を押して以下のファンクションメニューに切り換えます。
    ファンクションメニュー
  2. 【 F1 】(UNIT)を押して”dBμV”を選択します(電界強度の単位をdBμV/mとします)。
  3. 【 F4 】(OFFSET)を押して”ON”を選択し、基準レベルオフセットを有効にします。
  4. 【 F5 】(OFS STEP)を押すことで、基準レベルオフセットステップ量を”0.1dB”, ”1dB”, ”10dB”で切り替えることができます。
  5. 【 F3 】(OFS dB)を押し、ロータリーエンコーダで基準レベルオフセット値を設定します。
    例えば、アンテナファクタが”22.0dB/m”の場合は、基準レベルオフセット値を”22.0dB”とします。
    設定後のファンクションメニューは以下となります。
    ファンクションメニュー
  6. 【 MKR 】を押して、マーカを表示させることで電界強度が直読できます。
    グラフ
    (注)アンテナファクタは周波数に依存しますので、マーカの周波数に対応したアンテナファクタを使用してください。

[システム構成・価格]

シグナルアナライザ(MSA500シリーズ) ¥748,000~
スペクトラムアナライザ(MSA400シリーズ) ¥448,000~

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※表示価格は全て税抜きです。※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

[製品紹介]

2019/4

このアプリケーション事例をPDFで見る
問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら