マイクロニクス

シグナルアナライザのリアルタイム・トリガ機能使用例

◇ MSA500 シリーズシグナルアナライザのリアルタイム・トリガ機能使用例を紹介します。

[アプリケーション]

MSA500 シリーズシグナルアナライザのリアルタイムモードには強力なトリガ機能が備えられています。
このトリガ機能を使用して波形に変動が起こった直前・直後の状態を測定することができます。

[ソリューション]

周波数変調で搬送波の周波数が変動した場合を例にプリトリガ機能を説明します。
搬送波の周波数をセンター周波数に設定し、チャネルパワートリガでトリガースロープを立ち下がりの設定でトリガをかけた測定例を示します。

図-変動前・変動後

トリガ測定パラメータ:チャネルパワートリガ、CH3、スロープ:FALL、プリトリガ50%

写真-変動前波形・変動後波形

変動直前・直後の波形を測定することが可能。

[システム構成・価格]

ハンディ型シグナルアナライザ[MSA500シリーズ] ×1 ¥ 748,000~

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※価格は全て税抜きです。

[製品紹介]

2014/2

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード