マイクロニクス

DSRC路側システムを用いた来店管理システムへの応用例

DSRC路側システムME9300で顧客の来店管理システムを構築する例

[アプリケーション]

DSRC路側システムME9300は、高速道路で使われているETCを利用したシステムです。車両に搭載されたETC車載器と通信を行い、WCN(WirelessCall Number)と呼ばれる車載器固有のIDを取得することができます。このWCNを活用することで、様々な応用システムが考えられます。
ME9301(DSRCアンテナ)が取得したWCNは、ME9303(専用I/Fケーブル)を介してME9302(インタフェースボックス)へ送信されます。
ME9302は内蔵のシナリオ機能にてWCNの登録・照会・DIOの制御といった機能がありますが、取得したWCNを外部機器へ転送することも可能です。

今回の事例ではWCNを外部機器へ転送し、企業システムと連携させ、自動車で来店した顧客へのサービス向上に活用する例を示します。

[ソリューション]

前提

ME9300は取得したWCNを即座に外部機器に転送する設定とします。
複数店舗があるサービス関連企業(例えば自動車販売店、カー用品店)を想定します。顧客は車での来店があり、来店予約などの仕組みは企業システムですでに存在しているとします。また、あらかじめ顧客のWCNはシステムに登録済みとします。

活用例

お客様が来店し、ME9301がWCNを取得すると、ME9302からWCNが企業システムへ転送されます。
企業システムはWCNを元にデータベースを検索し、顧客属性・予約・担当者などの情報から、担当者に顧客の到着を通知するメールを発信します。
メールを受け取った担当者は情報をもとに、迅速に的確な行動ができ、顧客満足度の向上につながります。
また複数店舗で情報を共有することで、どの店舗でも同様のサービスを提供でき、企業価値の向上も期待できます。

活用例イメージ図

[システム構成・価格]

DSRCアンテナ ME9301
インタフェースボックス ME9302
専用I/Fケーブル (15m)ME9303
システム価格 ¥387,600~

[製品紹介]

2019/04

このアプリケーション事例をPDFで見る
問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら