マイクロニクス

シグナルアナライザによる気象レーダー測定

◇ シグナルアナライザの、トリガ機能を応用した、気象レーダーの電波測定例

[アプリケーション]

従来のスペクトラムアナライザを用いて、気象レーダーの変調信号を測定しようとすると、パルス幅がとても短く 出現時間も短いため測定ができなかったり、取りこぼしが発生する事がありました。

これらの課題を解決するツールとして、当社のハンディ型シグナルアナライザ(MSA558)と5GHz帯アンテナ(M406)を使用することにより、気象レーダーの電波を高精度に測定することができます。

MSA558のハードウェアトリガ(IFレベル・パワー・外部)は、最高14.7nsの時間分解能を有しており、間欠的な信号も取りこぼしが非常に少なくなります。

また5GHz帯無線LANの測定も可能(※1)な為、例えば、レーダー検出時のDFS(Dynamic Frequency Selection:無線LAN通信を10秒以内に中止し、別のチャンネルに切り替えなければならない)機能の確認にも使用することができます。

[ソリューション]

■ハンディ型シグナルアナライザのリアルタイム機能を使って気象レーダーの測定を行った様子

図-気象レーダーの測定

[システム構成・価格]

スペクトラムアナライザ[MSA558 ] ¥1,130,000
リチウムイオン電池[MB400] ¥21,600
無線 LAN 帯アンテナ[M406] ¥23,000
合計価格(税抜き) ¥748,000~

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※価格は全て税抜きです。

[製品紹介]

2014/7

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード