マイクロニクス

夜間時の作業性を上げる方法

◇ スペクトラムアナライザを暗所で使用する際に、ソフトキーの文字が読めないという課題を解消します。

[アプリケーション]

端末側の電波受信状態を実効値に鑑みた場合、トラフィック【traffic】の運用状況は人の流動性によっても左右されます。特に夜間時にはこうした傾向が著しく多くなっており、不特定な人の出入りが多いテナントビル、帰宅後マンション等、多数の無線電波利用状況下等において、この先も深刻度は増す一途になることが予想されます。

既存及び改修/新設を問わず、一般的なサーベイ調査、等では、本来最も電波利用状況の悪い形に併せて測定しなければ期待された効果には遠く、トラフィック観測(/調査)を夜間時に行なわれる場合が増えています。

但し、夜間時の場合、周囲に十分な照度が確保出来ない測定現場が多くなることから、測定者にとってはキー操作等、オペレーションに不安が残ります。衛星放送受信用の共聴機器からの漏洩電波により、LTE(4G)モバイル機器の電波に妨害を与えるケースも同じです。

MSA400シリーズはUSB(Atype)端子に常時5V電圧が掛っており、これを利用、安価な工夫で夜間時電波測定に対応します。

[ソリューション]

MSA400シリーズに市販のLEDライトを用い投光することによって、暗所でもキー操作することが可能になります。

図-USBライトをつけたスペクトラムアナライザ

[システム構成・価格]

スペクトラムアナライザ [MSA400シリーズ] ×1 ¥448,000 ~
リチウムイオン電池[MB401] ×1 ¥21,600
ダイポールアンテナ [各種] ×1 ¥18,000 ~
合計価格(税抜き) ¥487,600 ~

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※表示価格は全て税抜きです。※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

[製品紹介]

2012/12

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード