マイクロニクス

ASK標準信号発生器 ME8510

  • 【生産完了品】

    写真:ASK標準信号発生器 ME8510
    • ASK変調機能を持った5.5~12GHzの標準信号発生器

ASK標準信号発生器 ME8510の特長

  1. 変調指数
  2. 変調指数を74~84.5%の間を1.5%ステップの8レンジで設定することができます。

    変調指数=(Vmax-Vmin)/(Vmax+Vmin)

    85%以下、8レンジ以内という条件であれば、設定値の変更に応じます。

    図-変調指数

  3. デューティ比
  4. 変調波のデューティ比を40~60%の間を1%ステップの21レンジで設定することができます。定義は右図のようにスプリットフェーズ化データの2ビット(977ns)を100%とします。すると1%あたり10nsとなります。時間は振幅の50%ラインで測定します。

    デューティ比=d(%)

    図-デューティ比

  5. 外部クロック
  6. 32点目の周波数を外部クロックに割り当てることにより、任意の周波数を出力できます。外部クロック周波数の512倍が出力周波数として選択できます。

  7. 送信データ
  8. ホストコンピュータにインストールされている下記5つのデータを本器のRAMに転送することができます。転送されたデータは本器内でスプリットフェーズ化され、ASKデータとして指定されたデータ長分出力します。

    [【PN9段】【PN15段】【無変調連続『0』固定】【無変調連続『1』固定】【ユーザデータ】]

    図-送信データ

    出力の読出しは、リピートとシングルの2つのモードで動作します。また、上記ユーザデータとは、ユーザ作成ファイルのデータです。データと共にデータ長(最大512Kバイト)も送ります。ユーザデータ以外の4つのデータは、標準データとしてすでにホストコンピュータ内にインストールされていますので、いつでも転送しASKデータとして出力することができます。

  9. キャリアオフ
  10. キャリアオフ状態つくることができます。キャリアのオン、オフの制御はホストコンピュータからONおよびOFF命令で行います。ON命令を受信して先頭データが出た瞬間に出力がオンし、OFF命令を受信して1ビット分のデータの終わりでオフします。

    このオン、オフ動作に同期した同期信号(OUT OFF)とデータに同期した信号(DATA)が出力されます。

    図-キャリアオフ

ASK標準信号発生器 ME8510の仕様

入力周波数範囲 10.74~23.44MHz
入力レベル ”H”レベル:+2~+5V、”L”レベル:0~+1V
入力インピーダンス 50オーム
入力耐圧 1Wまたは±25V(DC+ACpk)のいずれか小さい方
出力周波数
  • 内部31点
    (5.5~12GHzの間のあらかじめ指定された周波数)
    ※ 水晶発振器を交換することにより周波数を変更することは可能
  • 外部1点 (外部クロックの512倍)
 確度 ±20ppm以下(23±5℃内部周波数選択時)
出力レベル ±4dBm±2dB(5.8GHzにて)
 安定度 ±2dB以下(23±5℃において)
出力インピーダンス 50オーム(公称)
高調波歪 -40dBc以下
変調特性
 搬送波周波数 5.5~8GHz
 変調データ PN9段
PN15段
無変調連続『0』固定
無変調連続『1』固定
ユーザデータ
 データ容量 4Mビット最大
 読出し速度 2048kHz±10ppm
 読出しモード シングル/リピート
 変調指数 74~84.5%可変(1.5%ステップ)
 デューティ比 40~60%可変(1%ステップ)
 占有帯域幅 8MHz以下
 隣接チャンネル漏洩電力 -40dB以下
GP-IB制御 周波数の選択
周波数粗データの設定
変調データの選択
BPFの選択
キャリアオフ 出力のオン/オフ。同期信号も出力される。
動作温度 0~40℃(性能保証は23±5℃)
電源電圧 90~110VAC、50/60Hz
大きさ 430(W)×99(H)×440(D)

〔注意〕電源以外は全てGP-IBを介して制御されます。ローカルで制御する機能はありません。

※この製品は生産完了品です。あらかじめご了承ください。

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード