マイクロニクス

EMC試験システム EMIトータル試験システム MR2300

  • 写真:EMC試験システム EMIトータル試験システム MR2300

    EMC試験システム EMIトータル試験システム MR2300ダウンロード

    • EMI正式試験の予備適合性試験「Pre-compliance」に最適
    • 当社のスペクトラムアナライザ技術、電波暗箱技術およびアンテナ技術を結集した統合システム

MR2300で何ができるか

  1. 2種類のEMI試験
    • 放射性妨害ノイズ試験
      電波暗箱と広帯域アンテナを使って、30MHz~3GHzの帯域で測定することができます。
    • 伝導性妨害ノイズ試験
      LISN(ラインインピーダンス安定化回路網)を使って、150kHz~30MHzの帯域で測定することができます。
  2. ノイズ発生源の特定
    • EUT内PCBの磁界測定
      オプションの磁界プローブCP-2Sを使ってプリント回路基板の磁界測定を行うことにより、妨害ノイズの発生源を特定することができます。

EMIトータル試験システム MR2300の特長

  1. 追加設備のいらないEMIトータル試験システム
  2. アンテナ、EMI用スペクトラムアナライザ、LISN、EMI用PCソフトウェアのみならず、電波暗箱まで全てが揃ったトータル試験システムはMR2300が世界初です。

    追加設備はまったく必要ありません。

    さらに、問題点解決ツールとして磁界プローブ(オプション)が用意されています。

  3. 自社開発の超小型・広帯域アンテナ
  4. 広帯域アンテナ MAN101

    578(W)×401(H)×250(D)mmと超小型で、30MHz~3GHzと広帯域のアンテナを自社開発しました。アンテナの小型化により電波暗箱の小型化も実現できました。

  5. 大/小3種類の電波暗箱
  6. PC画面の測定結果をそのまま読み取るだけ
  7. アンテナゲイン、LISNの減衰量、3m法への換算等、システム全体がMSA338E/438EとPCソフトウェアで補正されます。
    ユーザはPC画面の測定結果をそのまま読み取るだけです。

  8. 標準規格に準拠
  9. CISPR11、CISPR22、EN55011、EN55022、VCCI(classA/B)、FCC part15に準拠しています。

EMIトータル試験システム MR2300の概要

図:MR2300概要

上記全体システム図の中の①、②または③をEMI用スペクトラムアナライザ MSA338Eの「RF INPUT」に接続することによって、放射性妨害ノイズ試験、伝導性妨害ノイズ試験または妨害ノイズの発生源特定のためのデバッグを行うことができます。

  1. 放射性妨害ノイズ試験
  2. 付属品のSMA(P)/N(P)同軸ケーブルで電波暗箱MY5310/S/SU・5410と MSA338Eとを接続することによって、30MHz~3GHzの放射性妨害ノイズ 試験を行います。

    EUT(被試験装置)が空中に放射した妨害ノイズを広帯域アンテナMAN 101/102 で受け、それをMSA338Eへ送ります。MSA338EではMAN 101/102のゲイン補正を行い、電界強度演算(dBμV/m)を行います。

    演算 結果はRS-232C通信でパソコンへ転送され、3m法への換算を行ってパソコ ン画面上にEMI標準規格で定められたリミットラインと共に表示されます。

  3. 伝導性妨害ノイズ試験
  4. 付属品のN(J)/BNC(P) 同軸変換アダプタをLISN(MPW201)の「RF OUT」 端子に接続し、SMA(P)/N(P) 同軸ケーブでMSA338Eへ接続することによ って、150kHz ~ 30MHz の伝導性妨害ノイズ試験を行います。

    EUTが電源ラインへ放出した妨害ノイズをLISNを介してMSA338Eへ送 ります。

    MSA338EではLISNのアッテネータ補正を行い、dBμV の単位へ 変換します。データはRS-232C通信でパソコンへ転送され、パソコン画面上 にEMI標準規格で定められたリミットラインと共に表示されます。

  5. 妨害ノイズ発生源の特定
  6. オプションの磁界プローブCP-2Sを使って、 プリント回路基板上の磁界分布を精密 に測定することができます。これにより、 リミットラインを超えた妨害ノイズの発生 源を容易に特定できますのでデバッグツールとして使用すると大変便利です。

EMIトータル試験システム MR2300の関連資料

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード