マイクロニクス


DSRC路側システム ME9300

  • 写真:DSRC路側システム ME9300

    DSRC路側システム ME9300

    • DSRC路側システムME9300は、高速道路で使われているETCを民間に活用したシステムです
    • ME9300はETC車載器固有のWCNを読み取り、いろいろなアプリケーションに利用できます
一口メモ
  • WCN(Wireless Call Number)
    ETC車載器に付けられた12桁の固有番号で、車両を特定できます。
  • DSRC(Dedicated Short Range Communication、狭域通信)
    無線通信技術の名称で、この技術の1つのアプリケーションが高速道路で使われるETCです。
 

システム構成

ME9300システムは、DSRCアンテナME9301、インタフェースボックスME9302、専用I/FケーブルME9303とから構成されてます。

システム構成

特長

  1. WCN登録された車両に各種サービスを行います
  2. 車両に搭載されたETC車載器と通信してWCNを読み取り、事前登録されているWCNとの一致を照合します。
    デジタル入力DIとWCNの一致/不一致から、デジタル出力DOを決定します。

  3. デジタル入力DIとデジタル出力DOを装備
  4. DIの入力形式はフォトカプラ、DOの出力形式はフォトMOSリレーで各6本を備えてます。

  5. 最長100mの専用IFケーブル
  6. DSRCアンテナME9301と接続する専用IFケーブルME9303は最長100mです。

  7. WCNの最大登録数16万件
  8. インタフェースボックスME9302に登録できるWCNの最大登録件数は、16万件です。

  9. 各種サービスを行うための前準備機能を有します
  10. PC上のME9300制御ソフトウェアMAS930を使って、処理のシナリオに沿った「シーケンス設定」をします。
    またDSRC通信ユニットME9115A/A+Cを使って車両のWCNを読み取り、 ME9302に事前登録します。

  11. 外部機器と通信を行うことができます
  12. インタフェースボックスME9302は、外部機器と通信するためのインタフェースとして、LANとRS-232Cを備えています。

  13. 読み取ったWCNをそのまま外部機器に転送することもできます
  14. ETC車載器と通信してWCNを読み取り、そのデータを外部機器に転送することもできます。この場合、WCNの事前登録は不要です。

アプリケーション

  1. 事前登録されたWCNと照合するアプリケーション
  2. ETC車載器のWCNを読み取り、事前登録されているWCNと照合して以下の処理を行うアプリケーションに利用できます。

    • 駐車場管理

      駐車場の入出場口に設置し、登録車両であれば自動でゲートが開きます。許可車両のみを通過させるので、セキュリティ対策になります。

      駐車場管理
    • エリア入場車両管理

      災害地や工事現場で、登録していない車両の入場を制限します。 不要不急な車両の入場を防ぎ、現場で渋滞・混乱等が起こらないようにします。

      エリア入場車両管理
  3. 読み取ったWCNを外部機器に転送するアプリケーション
  4. ETC車載器と通信して読み取ったWCNを外部機器に送信し、PC等で以下の処理を行うアプリケーションに利用できます。

    • 道路渋滞調査

      高速道路や国道を走行する車両を2地点で捉え、同一車両の通過時刻から、所要時間や渋滞状況を把握します。

      道路渋滞調査
    • 車両動態管理

      広大な工場や施設内の主要箇所に設置し、通過車両を自動記録します。これにより敷地内での車両の動きを把握できます。

      車両動態場管理

関連資料

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら