マイクロニクス

多波電界強度自動測定システム ME9500

  • 写真:多波電界強度自動測定システム ME9500

    多波電界強度自動測定システム ME9500ダウンロード

    • AMラジオ・FMラジオ・業務無線・VICS等の電界強度を高速測定が可能。
    • 電波サービスエリアの調査や再送信システムの保守に最適なシステムです

特長

  1. 高速走行しながら電界強度を自動測定
  2. 電測車にのせ高速走行しながら、AMラジオ・FMラジオ・業務無線(警察・消防・防災等)・VICS等の電界強度を自動測定できます。
    (AMラジオ14ch、FMラジオ14ch、業務無線またはVICSから選択した1chを一度に測定可能。80km/h走行時20mおき)

  3. グラフをリアルタイムで表示
  4. 測定中、PC画面に電界強度折れ線グラフをリアルタイムで表示できます。

  5. Googleマップと連動
  6. 測定後にGoogleマップと連動させることにより、測定した電界強度を地図上に表示できます(GPSオプション搭載時)。

  7. 電測以外の業務にも活用可能
  8. 電界強度測定にハンディ型スペクトラムアナライザMSA500シリーズを使用しているので、電測以外の業務にも活用できます。
    (最大測定周波数:3.3GHz@MSA538、8.5GHz@MSA558)

ME9500使用時イメージ

ソフトウェア

設定・測定画面

  1. 測定条件設定を自動orマニュアルから選択
    • 測定条件設定
    • ■自動
      AMラジオ14ch・FMラジオ14ch・業務無線またはVICSから選択した1chの測定に最適な設定値が自動的にセットされます。

      ■マニュアル
      センター周波数・周波数スパン・基準レベルの設定をユーザが自由に設定できます。

  2. 個別または一括開始ボタンにより測定開始
    • 測定開始
    • ■個別
      選択した1chまたは複数chを個別に測定します。

      ■一括
      選択したすべてのチャネルを一括で測定します。

  3. 測定結果
    • ソフトウェア画面:測定結果
    • 電界強度の折れ線グラフがリアルタイムで表示されます。

マップ表示機能(GPSオプション搭載時)

  • ソフトウェア画面:マップ表示機能(GPSオプション設定時)
  • 測定データをGoogleマップと連動させることにより、電界強度を地図上に表示できます。また、移動距離は車速パルスにより補間されるので正確です。 どのルートの、どの電波が強い・弱いかがひと目で判るように、電界強度毎に色分けされたポイント●がマップ上に表示されます。

システム構成例

AMラジオ・FMラジオ・業務無線・VICS測定+マップ表示機能

Scroll
品名 型式 価格 備考
スペクトラムアナライザ MSA538 748,000円 最大3.3GHz
リチウムイオン電池 MB400 21,600円  
ループアンテナ MAN120 198,000円 AMラジオ用
バイコニカルアンテナ MAN150 495,000円  
接続BOX・ケーブル類   300,000円~ 別途、要打ち合わせ
プリアンプ MAP301 223,000円 AM,FMラジオ用
自動測定・表示 ソフトウェア   800,000円  
マップ表示機能   500,000円 GPSアンテナ・受信器等
合計   3,285,600円~ 参考価格

※別途PC本体が必要です。
※設置・導入・保守などのシステムインテグレーション費用は別途お見積りとなります。

■システム概念図

システム概念図

※システムの詳細や組み合わせについては、弊社営業担当までお問い合わせください。
※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード