マイクロニクス

RFマトリクススイッチボックス MM6000

  • 写真:RFマトリクススイッチボックス MM6000

    RFマトリクススイッチボックス MM6000ダウンロード

    • 複数の入力ポートと出力ポートをもつRF信号切替装置
    • アプリケーションソフトにより、信号経路を高速且つマトリクス状に切替え、入力信号を任意の出力ポートへ導くことが可能
    • 全ての出力ポートに電子式プログラマブルアッテネータを搭載しており、RF信号をシームレスに減衰

RFマトリクススイッチボックス MM6000の標準仕様

  • 写真:24×8 RFマトリクススイッチボックス MM6824
    24×8 RFマトリクススイッチボックス MM6824
  • 写真:16×8 RFマトリクススイッチボックス MM6816
    16×8 RFマトリクススイッチボックス MM6816
Scroll
MM6824 MM6816
周波数帯域 700MHz~4GHz
VSWR 2.0以下
最大入力レベル(基地局側) 1W(+30dBm)
最大入力レベル(端末側) 200mW(+23dBm)
挿入損失 20dB(代表値)
アイソレーション

80dB以上(スイッチ)

17dB以上(スプリッタ)

入出力ポート数(基地局側) 24 16
入出力ポート数(端末側) 8
入出力組み合わせ 1対1
RFコネクタ SMA(J)
インピーダンス 50Ω
スイッチ リレー式
アッテネータ 電子式(デジタル)
アッテネータ減衰量 0~95.5dB(0.5dBステップ)
インタフェース LAN
寸法

482.6(W)×443.7(H)×550.0(D)mm(突起物等除く)

10U:19インチシステムラックマウントに収容可

重量 約50kg 約45kg
電源 AC100V(50/60Hz)

※上記と異なる仕様への対応については、弊社営業担当までご相談ください。

RFマトリクススイッチボックス MM6000のアプリケーション

イラスト図:マトリクスボックスアプリケーション

複数CA間ハンドオーバー、4×4MIMOなどの伝搬路環境をGUIで制御できます。
端末を商用電波から隔離するための電波暗箱(シールドボックス)も弊社にて製造販売しています。

※用語解説
  • CA=キャリアアグリゲーション(Carrier Aggregation)異なる複数の周波数の電波(回線)を束ねて、速度を高速化する技術のこと。
  • MIMO=マイモ(Multiple-Input and Multiple-Output)基地局側と端末側にそれぞれ複数のアンテナを利用し、同じ周波数の電波で複数のデータを同時に送受信する技術のこと。

RFマトリクススイッチボックス MM6000のソフトウェア

LAN内のPCから遠隔操作を行うためのアプリケーションソフトです。
他の利用者が使用しているポートは排他されるため、誤操作を防ぐことができます。GUI上から、最大4台のRFマトリクススイッチボックスを制御できます。

◇自動制御画面:予め作成したスイッチ経路、アッテネータ設定を一括制御するメニュー

写真:自動制御画面

◇手動制御画面:スイッチ経路、アッテネータ設定を個別に制御するメニュー

写真:手動制御画面

RFマトリクススイッチボックス MM6000の構成

  • LAN内の複数のPCから同一ユニットの制御が可能

    図:RFマトリクスボックスシステム構成
  • 24×8マトリクスのイメージ
    入出力経路を自由に切替できる

    図:24×8マトリクスのイメージ
  • 8台収容時のイメージ
    44Uラックに4台収容可

    図:8台収容時のイメージ

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード