マイクロニクス

リアルタイムIQデータレコーダーシステム MQ5300

  • 写真:リアルタイムIQデータレコーダーシステム MQ5300

    リアルタイムIQデータレコーダーシステム MQ5300ダウンロード

    • シグナルアナライザでキャプチャーしたIQ データをリアルタイム収録
    • 最大60MHzスパンの測定
    • 異なる周波数帯の同時測定、長時間収録に最適なシステム。

リアルタイムIQデータレコーダーシステム MQ5300の特長

  1. 長時間にわたるIQデータ収録
  2. 大容量の蓄積ディスク(2.88TBから32TB)を搭載しており、長時間にわたってリアルタイムIQデータを収録できます。

  3. 最大60MHzスパン測定
  4. 周波数スパン:最大60MHzまで一括測定ができます。

    ※MSA538/558×3台使用時

  5. 複数の異なる周波数帯を同時測定
  6. 連続性の無い複数の異なる周波数帯(FDDによる双方向通信)を同時測定することができます。

    ※MSA538/558複数台使用時

  7. 収録中にスペクトル表示
  8. IQデータ収録中もリアルタイムにスペクトルを表示することができます。

  9. 測定周波数 最大8.5GHz
  10. 測定周波数:20kHz~3.3GHz(MSA538)または8.5GHz(MSA558)まで測定することができます。

  11. ソフトウェアを標準添付
  12. 収録したIQデータは基本ソフトウェア(MAS550)を使用して、容易に再生・解析が行えます。

  13. 非常に安価
  14. リアルタイム測定・大容量レコーダーシステムにもかかわらず非常に安価(システム価格398万円から)。

リアルタイムIQデータレコーダーシステム MQ5300の測定例

例1.キャリア周波数の被干渉および与干渉波測定など

    • 最大60MHzスパンの測定
    • 稀に発生する、バースト信号やホッピング信号を正確に捕捉できます。
    • 信号の発生頻度を把握できます。

例2.5GHz帯無線設備のDFS機能測定など

    • 長時間にわたってリアルタイムIQデータを収録
    • 最大60MHzスパンでの測定ができます。
    • 最高30us/frameにより、気象レーダー信号を捕捉できます。
    • 周波数の遷移をモニタリングできます。

例3.無線システムの双方向通信測定など

    • 異なる周波数帯の同時測定
    • FDD方式など、異なる周波数帯の同時収録ができます。
      (最大20MHzスパン/ch)
    • LTEやETC/DSRCなどの定置計測や移動電測に活用できます。

例4.違法電波の監視やサイトサーベイなど

    • IQデータ収録中もリアルタイムにスペクトル表示
    • その場ですぐにスペクトルを確認することができます。
    • 電力対時間、周波数対時間などの時間軸解析ができます。
    • AM信号およびFM信号の音声復調ができます。

リアルタイムIQデータレコーダーシステム MQ5300の測定例

システム外観写真

SSD版IQデータレコーダ(PCとモニタ内蔵)およびシグナルアナライザ×3台構成時

写真:システム外観写真、SSD版IQデータレコーダ(PCとモニタ内蔵)およびシグナルアナライザ×3台構成時

システム構築例

LF帯~UHF帯(50kHz~3GHz)無線測定例

写真:システム構築例、LF帯~UHF帯(50kHz~3GHz)無線測定例

リアルタイムIQデータレコーダーシステム MQ5300の関連資料

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード