マイクロニクス

MAT800/810における入力周波数に対応したレベル補正

図1:16の周波数帯域に対応したMAT800/810の減衰量

図1:16の周波数帯域に対応したMAT800/810の減衰量

MAT800/810は図1のように、いくらかの周波数特性を持っていおります。周波数により減衰量が変化し、全体として緩やかなカーブを描きます。
そのため、図の"ƒ0"から"ƒ15"に対応した16の周波数レンジにおいて、MAT800は1600ステップMAT810は1200ステップ全ての減衰量をSGとパワーメータを用いてレベル校正を行っております。

MAT800は0dBから80dBの減衰量を0.05dBきざみで1600ステップの減衰量の設定が、MAT810は0dBから60dBの減衰量を0. 05dBきざみで1200ステップの減衰量の設定が可能です。
また、ユーザが周波数"ƒi"あるいはその周辺でMAT800/810を使用する場合、パネルキーとデータノブにより周波数レンジƒiを選択することにより周波数ƒiに対応した補正が行われます。

上記の補正により、MAT800/810は全周波数レンジで減衰量を保障する事を実現いたしております。

2009/5/12

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード