マイクロニクス

ダウンコンバータ付きパラボラアンテナによる、9~13GHzまでの測定

具体的な応用例

パラボラアンテナで受信した7.9~14.5GHzの信号を、パラボラアンテナに付いているダウンコンバータで低周波に変換することにより、MSA338において50kHz~3.3GHz帯の信号として測定することが出来ます。

内容

※ダウンコンバータ内のLPFをカットします。

※ローカル周波数は11.2GHzです。

ブロック図と測定方法

図1.ブロック図

図1.ブロック図

アンテナ部と電源供給部はF型ケーブルで接続します。また、アンテナ側はケーブルは直に取り付けられています。
電源供給部とMSA338はSMAケーブルで接続します。

図2.測定イメージ

図2.測定イメージ

現場では図2のように片手でアンテナ部を、もう一方の手でMSA338を持ち、肩から電源供給部を下げて測定を行います。
※電源供給部は弊社で準備します。

測定周波数と受信周波数の関係

3.3GHz帯以上の信号をダウンコンバートし、その信号をMSA338で測定するため、実際にパラボラアンテナで受ける信号(受信周波数)とMSA338に表示する信号(測定周波数)の周波数は違います。又、測定範囲も限られています。

下記に受信周波数から測定周波数を求める計算式を示します。

[計算方法]

上式より、受信周波数は、
7.9~11.2GHzおよび11.2~14.5GHz
となります。但し、パラボラアンテナの受信感度により、
9.7~11GHzおよび11.4GHz~12.7GHz
に狭まります。

製品ピックアップ

2004/3

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード