マイクロニクス

ハンディ型シグナルアナライザ(掃引+リアルタイムスペクトラムアナライザ)

スペクトラムアナライザとは

信号観測の基本測定器

図:スペクトラムアナライザとは

MSA500のアピールポイント

  1. 従来の掃引方式と高速フーリエ変換(FFT)によるリアルタイム方式を搭載
    • 各々の方式の長所を使うことにより、応用範囲が格段に広がる
    • 2方式搭載のハンディ型は世界初
  2. リアルタイム方式での4つの解析機能
    • チャネルパワートリガ
    • パワートリガ
    • IFレベルトリガ
    • 外部トリガ
  3. フィールドでの測定およびデータ収集
    • 小型162(W)×71(H)×265(D)mm
    • 軽量1.8kg(バッテリ含む)
    • バッテリ動作4時間
    • USBメモリへのデータ保存
  4. アナログ回路の最小化&低消費電力化およびデジタル回路のFPGA化
    • 熱問題クリア
    • 4時間のバッテリ動作
    • 小型軽量
  5. 1画面(1024点)当たり役1msのFFT演算
    • デジタル信号処理回路とDSP(Digital Signal Processor)による
  6. 用途および周波数帯域毎に5モデル同時開発
    • 開発コストの低減
    • アプリケーション(使用用途)の拡大
  7. 低価格
    • 74.8~130万円(5モデル)
    • 競合他社(掃引+リアルタイムモデル)→ベンチ型(ハンディ型は無し)
      • ローデ&シュワルツ:SVR7 647.3万円
      • アジレント:N9030APXA+RT1 585.8万円

掃引方式とリアルタイム方式

掃引方式とリアルタイム方式の長所と短所

リアルタイム方式

掃引方式

リアルタイム方式のアプリケーション

製品ピックアップ

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード