マイクロニクス

出力圧縮について

アッテネータに信号を加えた時、あるレベルから入出力特性が一定ではなくなるレベルが存在します。この点を圧縮と呼び一般的にデバイスの性質によるものです。

MAT810/850の仕様は2dBコンプレッションとなっておりますが、下図のように設定値が1~15dBのみ1dBを下回っております。ご使用の際は下図を参考の上ご使用願います。

図1 MAT810/850 設定誤差(f=3GHz)

図1 MAT810/850 設定誤差(f=3GHz)

また、圧縮点が顕著な領域においても歪みの目安となる3次高調波とのマージンが30dB以上確保されているため、安心してご利用いただくことが出来ます。

図2 MAT 810/850 高調波歪み(f=3GHz,Pin=14dBm)

図2 MAT 810/850 高調波歪み(f=3GHz,Pin=14dBm)

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード