放射EMI測定可能下限ノイズレベルとアンテナゲインの関係

放射EMI測定ではゲインの大きいアンテナを使用することでより低いレベルのノイズが測定可能です。

アプリケーション

ゲインの大きいアンテナを使用することで、放射EMI(エミッション)測定でより低いレベルのノイズを測定できます。

ソリューション

ゲインの異なるアンテナMAN150BとMAN150の補正値で、EMI用3.3GHzシグナルアナライザMSA538E+EMI用PCソフトウェアMAS530での測定を行った例を示します。50MHzの微弱なノイズレベルの信号を入力して、ピークが確認できるかを比較しています(上段)。
ノイズフロアを比較するために信号入力なしでの測定結果も示します(下段)。

アンテナゲイン比較表

☆MAN150B(ゲイン大)では、ノイズフロアが低いため、はっきりと50MHzのピークが確認できます。

システム構成・価格

構成図

■ 構成例

バイコニカルアンテナ MAN150 ¥495,000
MAN150用スタンド ¥62,000
EMI用3.3GHzシグナルアナライザ MSA538E ¥889,000
同軸ケーブル(SMAP/SMAP 4m) MC203 ¥57,000
変換アダプタ(NP/SMAJ) MA306 ¥12,500
EMI用PCソフトウェア MAS530 ¥98,000
USBケーブル MI400 ¥3,500
¥1,617,000

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介