シグナルアナライザを使ったETC/ITSスポットの実測例

トリガー機能及びリアルタイムモード測定により、ETC/ITSスポットのバースト信号を確実に捉える。

アプリケーション

定常的に発生しないETC/ITSスポットのバースト信号は、非常に短い間隔の信号の為、掃引方式のスペアナではうまく測定出来ません。
シグナルアナライザMSA500シリーズのリアルタイムモードで測定することによって、信号スペクトルを抜けることなく測定することが出来ます。

ソリューション

スペクトル測定

[ パワートリガー&マックスホールド機能 ]

写真-ETC路側機の2CH信号(5795&5805MHz)波形

※ETC路側機の2CH信号(5795&5805MHz)波形

スペクトラム解析

[ スペクトログラム ]
X軸が時間(フレーム)、Y軸が周波数、Z軸がパワー(大きさを色で表示)
3次元で表示することによって、信号の時間的変化を解析できます。
写真-ETC路側機の5795MHz (ASK信号)
※ETC路側機の5795MHz (ASK信号)

タイムドメイン解析

※図は全てSPAN:20MHz。

①[ ASK信号の電力対時間&スペクトログラム ]

写真-ASK信号の電力対時間&スペクトログラム

※バースト状に出現し、デジタル的に降り幅を変調されたETC路側器ASK信号)の時間的変化を捉えている。

②[ QPSK信号の電力対時間&スペクトログラム ]

写真-QPSK信号の電力対時間&スペクトログラム

※QPSK信号(ITSスポット)のパワー対時間解析から、送信パワー(平均値)を求めることが出来る。

③ [ QPSK信号の位相対時間&スペクトログラム ]

QPSK信号の位相対時間&スペクトログラム

※バースト状に出現し、デジタル的に位相変調されたQPSK信号(ITSスポット)の時間的変化を捉えている。

図-ITSスポット

システム構成・価格

ハンディ型シグナルアナライザ[MSA558] ×1 ¥ 1,130,000

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介