シグナルアナライザで測定したI/Qデータの外部転送

シグナルアナライザ(MSA500シリーズ)で測定したI/QデータをPCやUSBメモリに転送できます。

アプリケーション

図-接続模式図

ソリューション

  • シグナルアナライザの測定モードを、リアルタイムモードに設定します。
  • メイン解析でタイムドメインの表示を選択して、データアクイジションを実行します。
  • 最大16,383フレームのI/Qデータを保存することができます。
  • ■本体からUSBメモリに転送する場合
    測定した全フレーム、あるいは一部のフレーム(任意の開始フレーム及び任意のフレーム数)のI/QデータをUSBメモリに転送することができます。

    ■PCソフトウェアによりUSBケーブル経由で取り込む場合
    PCソフトウェア[MAS500]を使用することで、簡単にI/QデータをPCに取り込むことができます。

  • 図-I/Qデータの測定例(I/Q対時間)
    I/Qデータの測定例(I/Q対時間)

システム構成・価格

■構成例
シグナルアナライザ [MSA538] ×1 ¥ 748,000
リチウムイオン電池 [MB400] ×1 ¥ 21,600
USBケーブル [MI400] ×1 ¥ 3,500
PCソフトウェア [MAS500] ×1 ¥ 15,800
合計価格(税抜き) ¥788,900 ~

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※表示価格は全て税抜きです。※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介