エージングテストに最適な電波暗箱(シールドボックス)

エージングテストに最適な電波暗箱(シールドボックス)

アプリケーション

エージングとは、電子機器や機械などの出荷前に行われる稼動試験、または使用開始前に行われる慣らし運転のことをいいます。

実際に使い始める前にある程度の期間を実際に稼動させてみて、初期不良が無いかを調べたり、安定的に動作するようになるまで待つ作業のことを意味します。

一般的に、電波暗箱(シールドボックス)内において、無線機器,無線基地局,PCなどのエージングテスト/ヒートランテストを行う場合、機器そのものからの排熱により電波暗箱内部が高温になり、これらの機器が誤動作や停止してしまう恐れがあります。 当社では、エージングテストに適した、吸排気機構(吸気口および排気ファン)を搭載した電波暗箱(シールドボックス)をラインアップしています。

もちろん、換気ファンを搭載していながら、シールド性能は高い性能を維持しています。

ラインアップ

Taurusシリーズ MY1515

  • 写真-Taurusシリーズ MY1515

  • 型式 Taurusシリーズ MY1515
    外形寸法 465(W)×214(H)×465(D)mm
    内部寸法 400(W)×150(H)×400(D)mm
    シールド性能 70dB@2.4GHz (代表値)
    電波吸収性能 20dB@2.4GHz以上
    RFコネクタ SMA ×8個
    インターフェース IFM1~6の中から、1つ装着可
    重さ 約10kg
    本体価格 338,000円

Taurusシリーズ MY1525

  • 写真-Taurusシリーズ MY1525

  • 型式 Taurusシリーズ MY1525
    外形寸法 460(W)×570(H)×582(D)mm
    内部寸法 340(W)×340(H)×400(D)mm
    シールド性能 90dB@2.4GHz (代表値)
    電波吸収性能 20dB@1.2GHz以上
    RFコネクタ SMA ×2個
    インターフェース IFM10および11の中から、1つ装着可
    重さ 約17kg
    本体価格 428,000円

Taurusシリーズ MY1520 カスタマイズ対応品

  • 写真-Taurusシリーズ MY1520 カスタマイズ対応品

  • 型式 Taurusシリーズ MY1520 カスタマイズ対応品
    外形寸法 520(W)×520(H)×520(D)mm
    内部寸法 460(W)×460(H)×460(D)mm
    シールド性能 70dB@2.4GHz (代表値)
    電波吸収性能 20dB@2.4GHz以上
    RFコネクタ SMA ×2個
    インターフェース IFM1~6の中から、2つ装着可
    重さ 約15kg
    本体価格 537,000円

特注電波暗箱の例

  • 写真-特注電波暗箱の例

  • 型式 特注電波暗箱の例
    外形寸法 650(W)×470(H)×370(D)mm
    内部寸法 580(W)×400(H)×300(D)mm
    シールド性能 85dB@2.4GHz (代表値)
    電波吸収性能 20dB@2.4GHz以上
    RFコネクタ SMA ×16個
    インターフェース LAN×4、USB×2、AC×1
    重さ 約13kg
    本体価格 お問い合わせください

※製品およびインタフェースの詳細は、電波暗箱/シールドボックス Taurusシリーズカタログをご覧ください。※評価用デモ機の貸出を行っております。お近くの代理店、もしくは弊社営業担当までお問い合わせください。

※特注、カスタマイズ仕様も承ります。是非ご相談ください。