高電圧・大電流デバイスの伝導エミッション測定

高電圧プローブ(ハイインピーダンスプローブ)を用いた伝導エミッション測定システム

アプリケーション

LISN(擬似電源回路網)が使えない、高電圧および大電流デバイスなどの、伝導エミッション測定を行うことができます。 高電圧プローブは、妨害波の外部接続導線上に漏洩する伝導妨害波の測定に使用します。

ソリューション

■構成図

一般的に、三相電源や産業機器用の電源は、電源容量が大きくなりがちです。したがって、これらの伝導エミッションを測定する場合、定格電圧・電流値の高い、LISN(擬似電源回路網)が必要になります。また、定格の大きなLISNは非常に高価です。

簡易測定においては、高電圧プローブを用いて、安価な構成で代替測定が可能です。

構成図
  • イメージ図
  • ◆安全上の注意
    高電圧プローブを直接手で持って計測点へコンタクトすると非常に危険です。治具(端子台)を使用したり、絶縁された安全グローブなどをご使用ください。

    ◆測定方法
    EUTの定格電力または設置条件により、LISN(擬似電源回路網)が使用できない場合、または測定箇所(電源装置の負荷端子、制御線などの電源端子以外の外部接続端子)によって特に規定されている場合の測定は、阻止コンデンサと、各電線とア-ス間の全抵抗が1500Ωになるような抵抗を使用し、各電線とア-ス間のノイズ電圧を測定します。

システム構成・価格

EMI用スペクトラムアナライザ[MSA438E] + リチウムイオン電池(MB400) ¥589,600
EMI用PCソフトウェア[MAS430] + USBケーブル[MI400] ¥101,500
高電圧プローブ+ハイパスフィルタ+ATT+同軸ケーブル+変換アダプタなど ¥333,200 ※参考価格
グランドプレーン(MD-102380-90) ¥90,000
合計価格(税抜き) ¥1,114,300 ~

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介