ループアンテナでのLED照明の磁界放射雑音の3軸簡易チェック

LED照明器具の雑音放射特性を、XYZの3軸XYZの3軸で簡易チェック
手軽な測定で、対策の効果をすぐに評価、開発期間短縮・コストダウンに貢献

アプリケーション

昨今、LED照明器具が急速に普及してきていますが、放射される雑音が問題になっています。そのため、今年度末に電気用品安全法の対象となって、放射する雑音のレベルが規制される事が確実になってきています。
この雑音の測定は、XYZの3軸ループアンテナで行うことがCISPRでも規定され、電安法でも準拠する事が想定されますが、設備・装置はかなり大掛かりで保有するコストが掛かり、対策の効果を直ぐに確認する事は難しくなってしまいます。

弊社のハンディースペクトラムアナライザと、ループアンテナを組合わせた安価なソリューションでは、手軽に磁界放射雑音特性をXYZの3次元でチェックすることが出来ます。

認証を得るための正式な測定評価ではありませんが、無用な放射の発生状況を簡易的にチェックする事で、対策の効果の有無を直ぐに検証することが出来、結果として開発期間の短縮によるタイム・ツー・マーケット、開発コストの削減につなげることが出来ます。 ハンディーでの使い勝手の良さに加え、本格的なスペクトラムアナライザとしての性能を活かし、御社の利益に貢献します

  • ループアンテナで、XYZの3軸の放射雑音特性を簡易チェック出来ます。
  • USBメモリに測定結果(画面、データ)を保存、PCでの加工・処理が楽に出来ます。
  • 使いやすい簡単設定のハンディータイプ(小型、軽量、バッテリー駆動4時間)

ソリューション

  • 図-ループアンテナとハンディ型スペクトラムアナライザMSA438
    MSA438のその他の特徴
    • 50KHz~3.3GHzの広範囲な測定周波数範囲
    • 200のユーザー設定の保存・読出し
    • 専用USBプリンターで、手軽に結果の印刷
    • 簡単設定で便利
    • 多彩な演算機能、測定機能
      Max/Min Hold、Average/Over write、チャンネルパワー、隣接チャンネル漏洩電力、占有周波数帯域幅、その他
    • 短納期対応
  • 放射雑音測定結果:~500KH
    X,Y,Zの3軸で、放射雑音の様子が違う事が判ります。 画面データ-X,Y,Zの3軸で、放射雑音の様子が違う

システム構成・価格

■リターンロス関連測定を手元で且つ簡単に測定できるツールとして、安価で実現する事ができます。

3.3GHzスペクトラムアナライザ [MSA438] ¥ 448,000
専用バッテリ [MB400] ¥ 21,600
ループアンテナ [MAN120)] ¥ 198,000
接続ケーブル ¥ 11,000
合計価格(税抜き) ¥ 678,600 ~

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介