「電波状況が悪いのにWi-Fiにつながり続ける端末を切断する機能」を試した

Wi-Fiのウソとホントを実証

アプリケーション

導入事例:三井情報株式会社様 2017/03/02 日経BP社 ITpro掲載

ソリューション

本連載の前回で紹介した実験では、Wi-Fi(無線LAN)でローミングを実行するタイミングを判断しているのは、アクセスポイント(AP)ではなく端末側であることが分かった。また、端末によってはなかなかローミングせずに、通信断の発生後しばらくしてから、ようやく次のAPへ接続先を変更することが明らかになった。

記事の続きはこちらをお読みください。2017/03/02 日経BP社 ITpro

当記事にて紹介された当社製品

※製品の詳細については、弊社営業担当までお問い合わせください