LoRa(920MHz帯:LPWA)の電波を測定してみた

MSA500シリーズ・シグナルアナライザのリアルタイムモードにより、 LoRa(920MHz帯を使用したLPWA)の信号を捉えることができます。

アプリケーション

この度、MSA500シリーズでLoRaの信号を測定できるか?とのお問合せをいただき、実際に測定を行いました。

LoRaとは、920MHz帯を使用したLPWA(Low Power Wide Area)のひとつで、名前の由来はLong Rangeから来ています。最大数10kmまでの通信を直接行うことができ、低消費電力という特長があります。

LoRaの信号はチャープスペクトラム拡散という、(あまり聞き慣れない)特殊な変調方式を採用しています。振幅は一定で周波数を変化させますが、通常のFSKのように周波数の高低で0と1を伝送するのではなく、周波数が連続的に変化する信号(チャープ信号)を使って0と1を伝送します。周波数が高くなる信号(アップチャープ)と低くなる信号(ダウンチャープ)を組み合わせて信号を伝送しています。

ソリューション

掃引型スペアナ(MSA400シリーズ)とリアルタイムスペアナ(MSA500シリーズ)の比較

MSA400とMSA500の比較

周波数 対 時間表示

周波数 対 時間表示

周波数対時間(Frequency vsTime)表示により、チャープ信号の周波数帯域幅、送信時間等を知ることができます。

他にも
  • 占有周波数帯幅
  • 周波数の許容偏差
  • 不要発射の強度
  • 空中線電力
  • 隣接チャネル漏洩電力
  • 副次的に発する電波
  • 送信時間
等を測定することができます。

システム構成・価格

シグナルアナライザ [MSA538] ¥748,000
920MHz帯用スリーブアンテナ [M401] ¥18,000
合計価格(税抜き) ¥766,000

※詳細は弊社営業担当までお問い合わせください

製品紹介