テレメトリソリューション

動物生態調査のテレメトリにハンディスペアナを用いて複数チャンネル同時受信を可能にします。

アプリケーション

近年生息数の増加により農業や鉄道への被害が問題となっている野生動物の生態調査のため、テレメトリ発信器が用いられます。

平成20年に「特定小電力無線局150MHz帯動物検知通報システム用無線局の無線設備」が施行され150MHz帯がテレメトリ発信器に割り当てられました。通常は専用の受信機が探索に用いられますが、一度にひとつのチャンネルしか観測することができません。

MSA338型ハンディ・スペクトラム・アナライザを用いれば複数のチャンネルを同時に観測することができ、調査効率を格段に上げることができます。

ソリューション

弊社ハンディ型スペアナMSA338は以下の特長を持っています。

  • 小型、軽量 1.8 kg
  • 内蔵バッテリにより150分連続使用可能
  • スペクトラム・アナライザとしては破格の低価格、398,000円
  • マックスホールド機能により間歇発振に対応
  • 50 kHz-3.3 GHzの周波数範囲で他の周波数帯のモニタも可能
イメージ図-野生生物の調査とハンディ型スペクトラムアナライザMSA338

システム構成・価格

スペクトラムアナライザ [MSA338] ¥398,000
バッテリパック [MB300] ¥9,500
アンテナ 別途ご相談
プリアンプ 別途ご相談

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。

製品紹介