シグナルアナライザ MSA558

8.5GHz帯域により無線系情報通信のほとんどのアプリケーションをカバー
■測定周波数:20kHz~8.5GHz

  • リアルタイム方式プラス掃引方式のハンディ型シグナルアナライザ。
  • 高速フーリエ変換(FFT)によるリアルタイム方式と、従来の掃引方式の2方式を搭載したことにより、両方向の長所を利用することが可能。

¥1,130,000

5Gソリューション特設サイト

スペック

リアルタイムモード リアルタイム方式は瞬時に発生するスペクトルを見逃さず、ノイズ測定や過渡的な現象を解析する場合に最適です。

  • 8.5GHzまでのリアルタイム処理
  • 8種類の解析機能
    スペクトル解析、スペクトログラム解析、オーバーライト解析、時間軸解析(5種)
  • 最大20MHzスパン
  • 720フレーム/秒の高速オーバーライト解析
  • 16Kフレームの大容量メモリと19ms/フレームの高速USB転送
測定周波数 20kHz~8.5GHz
測定周波数が広がった為、5GHz帯無線LANや5.8GHz帯DSRC、あるいは2.4GHz帯機器の3倍以上のスプリアス測定が可能。
掃引モード 最小RBW 300Hz
平均ノイズレベル
  • 代表値:-157dBm/Hz
  • リアルタイムモード:-135dBm@cf1GHz,span 20kHz
  • 掃引モード:-128dBm@cf 1GHz,RBW 300Hz