マイクロニクス

シグナルアナライザによる変調信号のビジュアル化

◇ ハンディ型シグナルアナライザのリアルタイム機能を使ったノイズ発生位置の特定

[アプリケーション]

EMI(エミッション)対策を行ううえで、放射ノイズの周波数や発生位置を特定することは必要不可欠です。
掃引方式のスペクトラムアナライザで測定を行うと、突発的なノイズを取り逃すことがあるため時間のロスが生じます。
弊社のハンディ型シグナルアナライザMSA500シリーズを使うことで、より正確なノイズ測定が可能となり作業効率を上げることができます。

[ソリューション]

■プリント基板から発生するノイズをシグナルアナライザを使って測定を行う流れ
図-接続ブロック図

[システム構成・価格]

ハンディ型シグナルアナライザ[MSA538E] ×1 ¥ 889,000
リチウムイオン電池 [MB400] ×1 ¥ 21,600
N→SMA同軸ケーブル1.5m ×1 ¥ 8,000
小型ループアンテナ(大小2本1組) ×1 ¥ 20,000
磁界プローブ[CP-2S] ×1 ¥ 278,000
合計価格(税抜き) ¥1,216,600 ~

※詳細は弊社営業担当までお問合せ下さい。※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※価格は全て税抜きです。

[製品紹介]

2015/2

問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら


MENU

カタログダウンロード


MENU

カタログダウンロード