マイクロニクス


DSRC路側システムによる車両入退場管理への応用例

◇ ETC車載器を利用した車両入退場管理をDSRC路側システムME9300で運用するまでの事前準備

[アプリケーション]

DSRC路側システムME9300は、高速道路で使われているETCを利用したシステムです。車両に搭載されたETC車載器と通信を行い、WCN(Wireless Call Number)と呼ばれる車載器固有のIDを取得します。このWCNを活用することで、例えば車両入退場管理の自動化へ応用できます。
ME9301(DSRCアンテナ)が取得したWCNは、ME9303(専用I/Fケーブル)を介してME9302(インタフェースボックス)へ送信されます。ME9302はDIO(デジタル入出力)及びWCN登録機能を備えているため、車両の検知や登録済みWCNとの照合、ゲートバー等の制御が外部機器から独立して実行可能となります。なお、これらのシステム動作(シナリオ)及びWCNは、アプリケーションソフトウェアMAS930を使用して、事前に登録することができます。

ここでは、車両入退場管理システム仕様(接続機器仕様)の一例を基に、ME9300による運用までの事前準備を示します。

車両入退場管理システム仕様(接続機器仕様)一例

接続機器及び信号 DI/DO※1 使用例
ゲートバー※2 OPEN状態 DI バーが完全OPEN時にハイレベル
CLOSE状態 DI バーが完全CLOSE時にハイレベル
OPEN信号 DO 立ち上がりパルス(約1秒ON)でバーがOPEN
CLOSE信号 DO 立ち下がりパルス(約1秒OFF)でバーがCLOSE
ループアンテナ A DI 車両検知時にハイレベル(WCN取得開始)
B DI 車両検知時にハイレベル(A→B通過後、バーCLOSE)
出庫回転灯 DO ON時に点灯(ループアンテナB通過中に点灯)
カメラ DO 立ち上がりパルス(約0.5秒ON)でカメラ撮影
(ループアンテナA通過時に撮影)
STOP警告灯 DO OFF時に点灯(WCN取得不可/不一致、バーCLOSE不可時に点灯)
ゲートバーOPEN指令 DI ハイレベル時にバーを常時OPEN(ローレベル時に通常運転)

※1 ME9302側基準でDIOを定義
※2 検知センサー内蔵とし、検知中はバーCLOSE不可

車両入退場管理システム仕様

[ソリューション]

システム動作(シナリオ)の作成・登録

ME9302と、MAS930がインストールされたPCを、LANまたはRS-232Cで接続しMAS930を起動します。接続の設定後、[接続]にてメイン画面に移ります。

■DIO設定
メイン画面から[シナリオエディタ]→[DIO設定]と進み、右図のように入力します。

DIO設定画面
DIO設定画面

■シナリオエディタ
DIO設定後、システム動作を[シナリオエディタ]にて作成・登録します。
車両の検知からWCN取得開始、照合、バーOPEN/CLOSEなどの一連の動作や、警告時の処理など、シナリオ1(開始シナリオ)~シナリオ11で構成されます。(ここでは一例として、シナリオ6を抜粋)

シナリオエディタ画面(シナリオ6を抜粋)
DIO設定画面

【シナリオ6概要】
  • OPEN指令稼働の場合、バーOPEN処理へ(シナリオ7へ)
  • WCN取得、照合OKの場合、バーOPEN処理へ(シナリオ7へ)
  • WCN取得不可、不一致の場合、STOP警告灯を稼働しシナリオ2へ戻る

■WCNの登録
メイン画面から[単一WCNの照会・登録・削除]もしくは、[一括WCNの出力・登録・削除]へ進み、通行を許可するWCNを事前登録します。
本システムで取得した最新のWCNを登録することもできます。

単一WCNの照会・登録・削除画面
DIO設定画面

■設置後の仮運用
ME9301及びループアンテナの設置位置、車両の速度、ゲートバーの開閉所要時間等を十分考慮した上でシナリオを作成し、必ず仮運用による動作試験を行ってください。
※ME9302を外部機器(PC等)と接続することで、取得したWCNを転送することもできます。

[システム構成・価格]

構成例

DSRC路側システム ME9300
  • DSRCアンテナ ME9301
  • インタフェースボックス ME9302
  • 専用I/Fケーブル(15m) ME9303
\387,600~

専用I/FケーブルME9303の最長100m時は 435,000円になります。
ゲートバー、カメラ、警告ランプ等の接続機器及び、設置・運用に関わる価格は、本構成に含まれておりません。

※詳細は別途 弊社営業担当までお問合せ下さい。

※仕様・形状は、事前の断りなしに変更されることがあります。※表示価格は全て税抜きです。

[製品紹介]

2018/11

このアプリケーション事例をPDFで見る
問い合わせメニュー
お気軽にお問い合わせください
カタログダウンロード
カタログダウンロード
Topに戻る
カタログダウンロード
問い合わせはこちら